2009年11月30日

餅つきin枝野小学校

Filed under: 鎮守の森だより — admin @ 11:18 AM

img_7872.jpg

27日、子供の通う枝野小学校で5年生が餅つきをしました。日中に時間のとれる貴重な(?)役員としてお手伝い。
5年生は今年、総合学習でお米について学んできました。5月には田植え、10月には稲刈りを体験しています。
農協青年部枝野支部の指導で、準備からお米蒸かし、あんこ・納豆・きなこ・エゴマのタレづくり、臼と杵での餅搗き、片付けまで体験しました。
調理の方も大騒ぎだったようですが、メインはやっぱり餅つき。子供用の杵も用意されましたが男子は農家用の重い杵に挑戦。臼の角をたたいたり、あいどりをしてくれているお父さんの手を搗きそうになったり。そのたびに歓声が上がりました。
できあがったお餅は先生方や各学年にお裾分け。そしていよいよお昼ご飯へ。体育館にビニールシートを敷いて輪になって座り「いただきまーす」。
けっこう美味しかったのが「エゴマ」でしたね。野田頭先生お手製の貴重なエゴマで作ったタレは絶品でした。先生の地元、丸森では「エゴマサミット」も行われたほど生産が盛んなのだそう。
今では農家でもお餅は「餅つき機」。貴重な「食文化」を体験することは、子供にとってかけがえのない財産になることでしょう。農協青年部のみなさん、ありがとう。また来年もお願いします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

All rights reserved. Copyright(C)2015 Shrine Atuhitakahiko.