2003年10月14日

珍客

Filed under: 鎮守の森だより — admin @ 3:15 PM

16.jpg

前略
先日珍しいお客さんが尋ねてきたので(?)紹介します。
コウモリです。しかも小さく、丸まった体長は5センチくらいでしょうか。もっとも客と言っても、私たちがしらないだけで、以前から勝手に間借りしていたのかもしれませんけど。
朝に母屋の周囲を片づけていたら、上のほうから落ちてきました。最初は何か黒い塊でゴミかと思って、よく見たらふわふわの毛が生えていて・・・。
喜んだのは子供たち。図鑑で調べるとどうもアブラコウモリ(イエコウモリ)のよう。学校に持っていく、いや幼稚園だ、と興奮していましたが、連休を越すまでには死んでしまうからと説得して、母屋の中に1泊だけしてもらうことにしました。
よく見るとなかなか可愛いかおをしています。唯一空を飛べる哺乳類ということで、尊敬の念すら湧いてくるのでした。
翌朝、記念撮影をして車庫の片隅に置きました。夕刻には姿は無くなっていました。
境内の動物紹介第1号はコウモリ君でした。ご覧になりたい方は、夕方薄暗くなってから境内においでください。えっ、怖いって?
草々

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

All rights reserved. Copyright(C)2015 Shrine Atuhitakahiko.