2005年3月23日

農の春

Filed under: 鎮守の森だより — admin @ 3:27 PM

30.jpg

拝啓
御元気ですか。
新年を通り越し、春の御便りになってしまいました。例年のことながら年末年始、そして春先まで、どうしてもパソコンの前に座っている時間が限られますね。
と言うことで、今回は当地の春を想わせる写真を送ります。
「野焼き」。春の農作業を始める前に、雪が消えた畦や畑の周辺の雑草を燃やします。越冬する害虫を駆除するのが目的ですが、春の風物詩ともいえます。実際、作業している人たちが嬉々としてやっていますから。「野焼きが来れば春」というわくわくする気持ちなのでしょう。
私は消防団として警戒に当たっていたのですが、調子がついてか葦原まで燃やすこととなり、おかげでポンプをはじく羽目に!火は強くなるわ、煙いわ、散々でした。
背景には雄大な蔵王の雪景色が見えているのに、煙と熱でゆがんでいます。残念。ちなみに右のトラックは私の愛車(作業車)ハイゼット。
野焼きが済むといよいよ春の農作業が始まります。里ざとがかっきづいてくるのです。
そろそろ御祭です。4月6日にはぜひお参りに来てください。なんでしたらお神輿も担いでください。
                              敬具

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

All rights reserved. Copyright(C)2015 Shrine Atuhitakahiko.