2009年11月18日

いよいよ薪ストーブの季節

Filed under: 鎮守の森だより — admin @ 5:30 PM

img_7763.jpg

一昨日あたりから本格的な寒さが来ました。
数日前から掃除もしないでだましだまし燃やしてきた薪ストーブ。煙突火災も怖いし、吸い込みもいまいちだったので、陽が出ている日中に全てばらして大掃除。だいぶ煤がたまっていましたが無事完了。
これはセカンドストーブ。北海道小樽は「神保製作所」製。インターネットで取り寄せて今年で3シーズン目。「フル稼働で3年くらいの寿命」とあったけど、まだまだ行けそうです。テラスをサンルームにした機会に、境内に降り注ぐ杉の葉や枝を燃やすのに良いと、一石二鳥の思いで購入。煙突は自前で設置しました。値段の割になかなかの働き者で、樹種を選ばず、良く部屋を暖めてくれます。今年もダッチウエストの出番が遅れそう。
バイオエネルギーとか西欧の薪ストーブなんかがもてはやされる前から、ブリキの時計型ストーブは北国の家々を暖めて来たのですね。
あらためて火入れをすると、良い調子に燃え上がりました。燃料は無尽蔵にあるし、この冬もよろしく頼むよ。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

All rights reserved. Copyright(C)2015 Shrine Atuhitakahiko.