2004年11月15日

命の継承

Filed under: 鎮守の森だより — admin @ 3:25 PM

27.jpg

前略
昨日の夕暮れ、法事に呼ばれた宮司を迎えに子供たちと隣町の丸森へ。そこで宮司が「めったに見られないものを見せてやる」と言うので、町の中を流れる小川の橋の上に車を止めました。
見下ろすと、なんとたくさんの大きな魚がしぶきを上げているではありませんか。
鮭です!ボロボロになりながらも必死に産卵を繰り返す鮭。よく見るとすでに力尽きて川べりに沈んでいるものも見受けられました。近くに孵化場があることも初めて知りました。
初めて、しかもこんな近くで見れるなんて!驚きと共に、命尽きるまで必死に子孫を残そうとする姿に感動を覚えました。人工に孵化されながら、それでも生まれた川のにおいを忘れずに何万キロもの旅の最後に今こうしてここで命を終える。
暗くなり見えなくなるまで子供たちとその勇姿に見入っていました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

All rights reserved. Copyright(C)2015 Shrine Atuhitakahiko.